iPhoneが壊れてしまった!そんな時は?

iPhoneがいざ壊れてしまった時、非常に焦るものです。そんなときに一番最初に浮かぶのがショップを訪ねて修理依頼をすることですがその場合様々な不都合が起こる覚悟も必要です。いざ壊れた時もiPhoneに出来る応急処置や修理方法を知っておくとより便利、耳より情報をご紹介いたします。

iPhoneが壊れやすいタイミングとは?

iPhone修理が必要な時

iPhoneを落としてしまった!水没させてしまった!そんな経験は多くの方があるものです。
最近のスマホの多くは防水機能がついていますがそれでもコネクタ接続部分などから水が浸入してしまうとアウトのときも多く、またそこはカバーをし忘れてしまうことも多いものです。
そのため今でも水没による故障はありえますし、またわざとでなくても落としてしまい画面を割ってしまった、そんなことも十分に起こり得ます。
いずれもやってしまうと非常に焦るものばかりですが、対処法を知っておくことで幾分か冷静に処理できるようになるので知っておきたいものです。

まずはいずれも落下による原因が大きいので、落とさないように気を付けるのが大前提となります。
ズボンのポケットに入れておかない、鞄を開けっ放しにしない…そうした些細な部分に気を付けることでスマホの落下は案外防げるものです。
またiPhoneを持ったままうろうろしてしまいがちですが、歩きスマホはもともと危険視されていますのでそれはやめるようにしておきたいところです。
しかしこれらのうっかりを無くしても起こりうるのが落下、ちょっとした油断が招いてしまうので起きるときは起きてしまいます。
こうした事故が起こってしまった後、できるのは応急処置と修理に出すこと、特に水没は場合によっては自分で改善できることもあるので知っておいて損はないのです。
精密機器であるiPhoneは水に弱いもの、しかし最近のスマホは防水処理もされていますのでよほど深く水没させない限りは無事に済むことも多いです。
しかしそれでも完全に水没させてしまうとデータがとんでしまったり動作不良を起こすことも、水没の状態から悪化しないように自分でできる対処法はしておきたいところです。
水没した場合、使わず極力動かさずにカバーを静かに外して乾燥させるようにします。液晶についているフィルムはそのままで問題ないので剥がさなくても大丈夫です。
出来るだけ表面を拭き乾燥、以前はドライヤーを使って乾燥なども言われていましたがドライヤーの熱でかえって故障させてしまう場合もあるのでそれは避けるのがおすすめです。
水気を早く飛ばしたい気持ちもわかりますが、あまり動かさずに表面だけ拭いて乾燥させること、おすすめな方法が乾燥剤を入れたジップロックの中にiPhoneも入れておくとより効果的です。
他にはsimカードを外す、電源をいじらない、充電はしない…通電が起こるようなことを避けて乾燥させるのが大切です。
水没に関してはこうした家庭の知恵でどうにかなる場合もありますが、画面割れ、充電不能、通話不能の場合は対処の使用がないので速やかに修理依頼をおすすめいたします。
ですがこうした故障の場合いきなり悪化することもないので対処は焦らなくても問題ありません、しかし放置しても直らず段々と他の箇所に影響を及ぼすことがあるのできちんと修理依頼を出すのがおすすめです。
また電源がつくならばデータのバックアップは忘れずにしておき、修理業者に依頼するのをおすすめします。

修理依頼はどこに出すのがいいの?

函館でiPhone修理をしたいとき

修理依頼と聞くとショップに持っていき、保険適用内で修理してもらうのが一般的ですが保険が利かない場合は高額の修理費とデータ初期化が待っているのであまりおすすめはできないのが現実です。
ショップや大手電化製品店からiPhoneは修理依頼が出せます。
正規修理はパーツも正規のものを使って修理してくれますが、その場合データは消える可能性が非常に高い上に保障に入っていても高額の修理費用がかかる場合もあるので覚悟も必要です。
もしかしたら高額の費用がかかる、データが消えてしまうかもしれない、日数がかかる…こうやってみるとデメリットは多いものですが、正規品という信頼はかなり大きなものであることには変わりなく、正規修理で依頼する方は多いです。

次に非正規修理、これは街の雑居ビルや、店舗を構えていない場合もあるのでネット経由で見つけるのをおすすめする修理店です。
まず安心してお任せできる店を探すのが困難に思うかもしれませんが、総務省登録業者など信頼できる修理業者もあるのでそうした店舗を探すのをおすすめいたします。
函館にて店舗を構えているアイフォンクリアもこの総務省登録業者となっており、信頼できる修理業者としての証明をしています。
こうした非正規業者の場合、一番注意しておきたいのが正規店で保証を付けていた場合それが無効になってしまうという点です。
もしアフターケアの保証に入っていてそれを今後も使いたい、そんな場合は非正規店での修理は避けたほうがいいです。
また非正規店は純正相当のパーツは使えても純正パーツは使っていないので、気にする方は注意しておきましょう。
ですが非正規店だからこそのメリットとして挙げられるのが即日対応、正規店よりも低価格で修理をしてくれることが多い、そして一番嬉しいのがデータの初期化がないというところです。
画面割れなどは比較的簡単な取り換え修理で済むことも多く、短時間でデータも無事に返却してくれることが多いです。
保証をこれからも使いたい、そんなときは正規店での修理をおすすめしますが、データの消去は困る、保証から外れても問題ない、そんなときは非正規修理店を頼るのも手です。
スマホは現在更に重要なものとなっています。
壊れた時の状況や、使用頻度によって修理先を考えてみるのがおすすめです。

iPhoneは自分で修理をしてもいいの?

iPhone修理 DIY

非正規業者があるのですから正規のスタッフでないと修理できない、というわけではありませんがけしておすすめ出来る方法ではないです。
確かに一番費用は安く抑えられますし、またいま動画なども広まっているので修理方法はなんとなくわかることも多いです。
しかし自分で修理の場合、よほど専門知識がない限り修理自体失敗します。
特にiPhoneは修理自体非常に難しいもので動画などで見て簡単そうだったとしてもいざやってみると故障が悪化しただなんてこともあります。
また自分で修理した時、悪化してしまうとその後正規店、非正規店にもっていっても修理を断られてしまう可能性もありますので八方ふさがりになりかねません。もし修理を承諾してもらえても割高料金になってしまうこともあります。
よほど詳しくてiPhoneの修理を絶対にできる、ご自身が修理業者である、そうした場合でないなら正規店か非正規店か、修理業者を頼るようにしなければ後で後悔することになります。
自分で修理はできませんが、修理店に出す前に自分でしておく必要があるのがバックアップです。
iPhoneならばiCloudやiTuneで簡単にバックアップができるので電源が付くならば先にそれをしておくとデータは無事に置いておけます。
またiCloudからできるiPhoneを探す機能もオフにしておかなければ修理ができないこともあるので忘れずにやっておくべきところです。
自分で出来るのはここまで、あとは修理業者に任せて依頼をするのが安心です。
iPhoneがいざ壊れた場合焦ってしまいますが電源が付くならば最低限の操作をし、早めに修理に出すのがおすすめです。